あごのニキビの原因と予防法について

あごの大人ニキビ

・あごにできるニキビの原因

大人になるとあごにニキビがいつの間にかできていることに気付く機会が増えます。いわゆる大人ニキビで、その大半を占めているのがあごのニキビです。あごにできる大人ニキビは、一度しっかりと治したつもりでも再びできてしまうという特性があり、それを繰り返しているうちにニキビ跡ができてしまいがち。ですので細心の注意が必要なのです。

 

あごにできるニキビはホルモンバランスの乱れによることが多いようです。思春期のニキビは主に額や頬など、皮脂分泌がさかんな場所にできることが多いのに対して、あごや口まわり、フェイスラインにできる大人ニキビは、ホルモンバランスの乱れが原因となっているかもしれません。

 

原因としては男性ホルモンの影響が考えられます。あごやフェイスラインは男性の髭が生える部分です。男性ホルモン(女性の場合は男性ホルモンに似た黄体ホルモン)の影響により、あごの皮脂分泌が活発化→そのため毛穴が詰まり→頑固な大人ニキビができてしまうというのです。

 

また、洗顔時のすすぎ残しも考えられます。あごやフェイスラインに髪の毛先がかかるような髪型をしているということも、原因の一つといわれています。頬杖をつく、笑うときに口元を隠すなどの癖がある人にも、あごまわりにニキビができることが多いそうです。洗顔は、髪を洗った後にしましょう。もし順番が逆だと、落としたシャンプーが顔に残って、それがあごのニキビを誘発することになります。

 

・あごのニキビの予防・対策
基本的にはあごにできるニキビも、ほかのニキビの予防法と同じです。まずは丁寧な洗顔、そして洗顔料はきちんと洗い流すこと。そして食生活のバランスに気を配り、しっかりと睡眠をとること。

生活習慣を規則正しく保つことは、ホルモンバランスをキレイに整えることにもつながります。不規則な生活やストレスはホルモンバランスを乱す原因となるので気をつけましょう。

 

それでもできてしまうあごのニキビ。目立ちやすい箇所なのでつい気になって触ったり、つぶしたりしがちですが、これはニキビを悪化させるだけなので、絶対にしないようにしてください。あごやフェイスラインにできる大人ニキビは、思春期のニキビと比べて治りにくいといわれています。気になる方は、皮膚科などで専門医に診療してもらうことをお勧めします。