背中にきびはどうやって予防する?背中ににきびが出来る原因について知りましょう!

背中の大人ニキビ

・背中ニキビの原因とは何でしょう?
大人ニキビの代表のような背中ニキビ、男性の方に多いニキビのタイプといわれています。しかし背中ニキビに悩んでいるのは男性だけではありません。女性の方の場合、背中ニキビの悩みは一層深刻です。肩や背中が広く開いた服を着ることは諦めなければなりませんし、水着を着るのも躊躇われてしまいます。

 

では背中にニキビが出来てしまう、そもそもの原因とは何でしょうか。顔ならまだしも背中に出来てしまったニキビは、本人にもなかなか気づきにくく、早めに対策を取らなければどんどん増えていってしまいます。
背中は発汗しやすい場所、体の他の部分に比べても皮脂腺が集中している部位といえます。皮脂腺から分泌された汗をそのまま放置しておくと、やがては雑菌が繁殖してしまいます。背中にニキビが出来やすいのはそのためといわれています。しかも背中は面積が広く、一箇所にばい菌やアクネ菌が繁殖してしまうと、あっという間に広い部分に広がっていきます。

 

顔や手と違い、背中は自分でいちいち確認することがしづらいため、適切なケアを行うことがなかなか出来ないのも、背中ニキビが繁殖する原因といえます。

 

背中ニキビを予防する

顔同様、背中ニキビの主原因も毛穴の詰まりにあります。顔に出来たニキビの手入れ同様、背中ニキビも丁寧に洗うことから始めましょう。お肌への刺激の少ない石けんを用いて、背中を優しく洗うようにします。この際、汚れを確実に取ろうと強い力で背中をこすってしまうことのないように気をつけてください。皮膚の細胞を傷めると、そこからアクネ菌がさらに広がってしまうことがあります。

 

洗い終わったら、丁寧に石けんの成分や泡をすすぎます。石けんやシャンプーがそのまま背中に残っていると、これらの成分と汗や老廃物が再び混ざり合い、雑菌が発生してしまいます。十分な量のぬるま湯で完全にすすぐようにしましょう。

 

もう一つ注意したいのは、皮膚に直接触れることになる下着です。衣類用の洗剤もなるべく天然由来成分を配合したお肌に優しいものを利用しましょう。衣類に残った洗剤が背中に付いてしまい、ここからニキビが出来てしまうことを防ぐためです。通気性があり、肌触りがよく、そして体を締め付けないゆったりとした衣類を選ぶようにしましょう。

 

他に気をつけたいことは、汗をかいたあと必ずすぐにシャワーを浴び、汗を洗い落とすようにすることです。シャワーが無理な場合には、柔らかいタオルなどで汗を拭き取るようにしましょう。背中ニキビはかゆみをともなうことがあり、つい自分でつぶしてしまったりする方がいるようですが、これは絶対に止めましょう。

 

出来てしまったら厄介な背中ニキビ、日頃からニキビ予防に努めるようにすることが重要です。