頬・ほっぺにできるニキビの原因と予防法について

おでこのニキビの原因
頬にできるニキビの原因とその予防

 

頬にニキビができやすいのはどうして?

頬は老若男女にかかわらず、誰にとってもニキビのできやすい部分です。またできやすいだけではなく、炎症にまで悪化しやすいという特徴も持っています。

 

なぜそんなにニキビができやすいのかというと、頬は顔の中でも特に広くむき出しになっているので、外からの刺激を非常に受けやすくなっているためです。紫外線、埃、そしてエアコンによる乾燥など、屋外でも屋内でもダメージの原因となるものにつねにさらされた状態になっています。その結果、皮脂が余分に分泌されて、新陳代謝も悪くなり、毛穴が詰まってしまうのです。

 

ニキビのできやすい生活習慣とは?

肌の新陳代謝などの機能は、しっかり睡眠をとることで正常に働くようになっています。したがって、睡眠不足は肌にとっての大敵となります。新陳代謝がうまく働かないと、シミやニキビがうまく回復できず、肌に跡が残ってしまうこともあります。また、睡眠不足自体がストレスとなって、ホルモンバランスを崩してしまうことも考えられます。ニキビのみならず、睡眠不足は肌にとってもっともよくないことのひとつなのです。

 

また、食生活もニキビにとっては重要です。無理なダイエットなどによって消化器官を弱らせていると、ニキビ以外にも肌荒れなどさまざまなトラブルが起こってしまいます。逆に糖分や脂質を摂りすぎると皮脂の分泌が増えて、これもニキビの原因となってしまいます。食生活の乱れというは、そのままホルモンバランスの乱れにもつながるので、とにかく肌を良好に保つためにはバランのよい食生活が必要となります。

 

それ以外にも、頬というのは考え事などをしているときに、特に意識せず手で触れることが多い部分でもあります。手というのは普段からいろいろなところに触れているので雑菌も多く、頬に触れているとそれが付着してしまうことになります。そしてその繁殖により、ニキビの原因となってしまうことも多いのです。

 

頬のニキビを予防するには?

頬にできるニキビは、そのほとんどが余分な皮脂の分泌と新陳代謝の低下が原因となっています。

 

それを改善するためには、しっかり睡眠をとることが重要です。特に午後10時から午前2時にかけて肌の新陳代謝が活発に行われるので、この時間帯に睡眠をとることは非常によい効果をもたらしてくれるでしょう。

 

食生活の見直しとしては、糖分や脂質をあまり摂りすぎないようにし、とにかくバランスのよい食事でホルモンバランスを整えるようにしましょう。

 

これらに加え、洗顔などでつねに肌を清潔に保っておくことも毛穴のつまりを防ぐためにはやはり重要です。それ以外にも、あまり頻繁に頬を手で触らないよう気をつけて、枕カバーなどもよく洗濯をしておくようにしましょう。

 

このようにニキビといっても、その原因にはさまざまなものがあります。自分の場合は特に何がよくないのかということを、よく生活習慣から見直してみましょう。そしてそれを改善していくことが、もっともニキビの予防への近道となるのです。

 

スキンケアアイテムでさらに効果的な予防!

このような根本的な対策以外に加えて、ニキビ治療専用のスキンケアアイテムを使うことで、さらに効果的な治療を期待することもできます。おすすめのアイテムを参考にして、ぜひつるつるの肌を手に入れてください。