おでこニキビの原因と予防法について

おでこのニキビの原因

おでこのニキビができるメカニズム

おでこから鼻にかけての部分はTゾーンとよばれています。皮脂の分泌量が多く毛穴が詰まりやすいTゾーンは、ニキビができやすい部分です。

 

おでこのニキビは特に皮脂の分泌量が増える思春期にできやすいといわれています。思春期は成長ホルモンによるバランスの乱れが影響して、皮脂の過剰分泌が起こり、それがニキビの原因となってしまうのです。大人になってからでも、脂性肌の方など、おでこのニキビに悩まされている方は多いようです。メークをしている時間が長かったり、また睡眠不足や食生活の乱れ、ストレスなどは、大人になってからのほうが重要な問題かもしれません。

 

整髪料やシャンプーの残りに注意

おでこにニキビができる原因はいろいろありますが、直接的な原因は皮脂が毛穴に詰まることです。皮脂の過剰分泌によって毛穴が詰まり、そこでアクネ菌などの細菌が繁殖して炎症を起こしてしまいます。毛穴に皮脂や汚れが詰まったまま放置しておくと、細菌が増殖して、おでこのニキビが広がり、肌が炎症を起こして膿が溜まったり、ニキビ跡が残ってしまいます。

 

以上のことはほかの場所にも共通の要素ですが、ニキビの原因としておでこに特有なものは、前髪です。髪の毛は日常生活で汗や埃などの汚れが自然と付着します。ワックスやスプレーなどの整髪料を使うと、いっそう汚れがつきやすくなります。前髪がおでこに触れたりすると、毛先の刺激や埃、整髪料の汚れによって、毛穴が詰まり、雑菌が繁殖しやすくなります。ニキビのできたおでこを前髪で隠したくなるのは当然のことです。しかし、ニキビを防ぐためにも髪が肌に当たるのはできるだけ避けたほうがいいでしょう。

 

おでこのニキビの対策

Tゾーンという呼び名で知られているように、おでこは皮脂の分泌量が多い部分です。したがって、おでこのニキビ予防の基本はまず洗顔となります。正しい洗顔方法でしっかり皮脂を取り除きましょう。

 

正しい洗顔方法とは?

1日2〜3回の洗顔が目安です。皮脂には肌を保護する役割もあり、洗いすぎると肌の乾燥をまねき、かえって逆効果になってしまいます。メークは帰宅したらすぐにクレンジングなどで落とし、肌への負担を減らすようにしましょう。ワックスなどの整髪料もしっかりと洗い流してください。

 

ホルモンバランスを整えることも重要です。ホルモンバランスの乱れはニキビの原因として大きな問題です。とくに思春期のニキビの主な原因は、成長ホルモンによるバランスの乱れが影響しています。しかし、これは一時的なものです。皮脂分泌量は年齢と共にだんだんと減っていきますので、次第におでこのニキビも減少すると考えられます。あまり悲観しすぎて、ストレスにならないように注意しましょう。

 

ホルモンバランスを整えるために、規則正しい生活を習慣づけましょう。栄養バランスのとれた食生活と十分な睡眠、また、あまりストレスを溜めないことも重要です。これらはニキビ対策としてだけでなく、美容や健康にとっても大切なことですので、日頃から心がけるようにしましょう。

 

ニキビケア専用アイテムでつるつるおでこ

規則正しい生活に、プラスワンアイテム。ニキビケア専用の基礎化粧品を使うことをおすすめします。まずは最新の売れ筋ニキビケアアイテムの特徴や効果をチェック!