頭皮にきびの原因と予防法について

頭皮の大人ニキビ

・頭皮のニキビの原因
ニキビは、顔や背中など肌の露出した場所だけでなく、頭皮のようにあまり見えない部分にもできます。頭皮のニキビは膿をもちやすく、触ると痛みをともなう場合もあります。実は頭皮って体の中でも皮脂の分泌量が一番多い部分でもあるのです。それにもかかわらず顔よりも頭皮の方がニキビができにくい理由は、頭皮は毛穴が開いたままの状態でキープされているからです。
と言いますのも頭皮は毛髪が皮脂の排出・除去を円滑にするために毛穴をずっと開いているのです。ただそれでも皮脂が酸化して汚れが溜まってしまうとまれにニキビができてしまうのです。

 

頭皮のニキビができる主な原因は、汗や皮脂、シャンプーやリンスなどの洗い残しなどが毛穴に詰まるためです。髪を洗う際、毛髪が邪魔になって汚れがきちんと落としきれていない場合があり、髪の量が多いほど頭皮は洗いにくくなります。

 

シャンプーのあとのリンスやトリートメントには、油分が含まれているものがあります。そのため、しっかり洗い落とさないと頭皮の毛穴を詰まらせてニキビを誘発する可能性があります。また、シャンプーは髪の毛の汚れを落とすためのものと考えている方が多く、頭皮までしっかりと洗えていない場合があります。

 

また、ヘアケア用品なども、頭皮に合っていないものや、刺激の強いものが頭皮のニキビの原因になることがあります。

 

・頭皮のニキビの対策
頭皮のニキビの予防法は、しっかりとシャンプーやリンスを洗い流すことです。頭皮にはシャンプーやリンスが溜まりやすいので、十分すぎるくらいにぬるま湯などですすぎ落とすようにしましょう。

 

洗髪というのはただ髪の毛を洗えばいいというものではなく、頭皮を清潔に保つためのものでもあります頭皮に溜まった汗や皮脂をそのままにしておくとニキビを誘発してしまいます。しかし、顔や背中など肌の露出した部分とは違い、頭皮はなかなか洗いづらいものです。

 

だからといって横着はせずに、指の腹などでしっかりと頭皮を揉みこむようにして洗いましょう。またそうすることで、頭皮の血行がよくなり、代謝を促すという効果もあります。ただし、すでにできてしまったニキビに触れたり、引っ掻いたりすることのないように気をつけてください。

 

それから、リンスやトリートメントなどには、髪の毛をしなやかにしたりつやをだしたりするために油分が含まれているものがあります。リンスやトリートメントを使用する際には、頭皮につかないように注意しましょう。

 

また、ワックスやスプレーなどの整髪料にも油分が含まれています。余分な油分は毛穴の詰まりの原因となります。整髪料を使うときは頭皮につかないようにしましょう。しかも整髪料はシャンプーで洗っても落ちにくいので、2度洗いをするなどしてしっかりと洗い落とすといいでしょう。