ニキビの原因となるアクネ菌とは?アクネ菌がニキビを引き起こす?

大人ニキビとアクネ菌

■アクネ菌が原因でニキビになる?
アクネ菌というのは、普通の人の肌にもいる、いわゆる「常在菌」と呼ばれるものです。アクネ菌はブドウ球菌と同じくらい、人の肌に多く存在しています。存在位置は顔・胸・背中といった場所に存在します。つまり、ニキビがこれらの場所にできやすいというのは、アクネ菌がそこに存在しているからということになります。

 

それでは、ニキビとアクネ菌の関係とはどのようなものなのでしょうか。アクネ菌の特性として、空気を嫌い、脂肪を好むというものがあります。ニキビができやすい場所は皮脂が多く、汚れで詰まっている毛穴というのは、アクネ菌が繁殖しやすい場所なのです。アクネ菌が繁殖すると、その場所がニキビになります。空気を嫌うアクネ菌が活動すると酸素を作ります。その酸素が毛穴に詰まった皮脂などを酸化させ、その酸化した汚れが肌を痛め、炎症を起こし、膿を持ちます。

 

こう聞くと、アクネ菌は我々に害を及ぼすために存在しているかのように思えますが、そうではありません。アクネ菌が多く繁殖することが問題になるのであって、適正な量があることは問題ではないのです。アクネ菌は実はニキビを作る作用を持っているとともに、皮膚の酸性度を調整し、他の病原菌の侵入や繁殖を防ぐ役目もしています。

 

アクネ菌の過剰繁殖を抑える秘訣

アクネ菌の過剰繁殖を抑えるには、よく皮脂を洗い流すのが一番です。顔なら洗顔をよく行い、背中や胸にできるニキビが嫌なら体をよく洗うことで、皮脂が固まってできる白いニキビを、赤いニキビや黄色いニキビへと変わり、悪化させてしまうことを防ぎます。

 

しかし、何事もやり過ぎはよくないと言います。洗顔や体を洗うのも皮膚がカサつき、かえって肌を痛めてしまう結果になってしまうのです。顔や体を洗うときには優しく泡立てて洗うようにしましょう。