便秘によって引き起こされる症状の一つ、ニキビ発生!

便秘の影響と大人ニキビ

・便秘とニキビの関係性について
便秘とニキビには密接な関係があることをご存知ですか。便秘になると体内に溜まってしまった老廃物や余分な水分がスムーズに排出されず、このために肌荒れが起きてしまいます。便秘の方にニキビがでやすいのはこのためです。

 

便秘とはそもそも便通が大腸の中で滞ってしまうこと、腸内で発生するガスや本来であれば排出されるべき物質が溜まってしまうことにより、体全体が不調を起こしてしまいます。毒素が常に体内に溜まっているため、肌の新陳代謝もうまく行われないようになり、その結果肌荒れや吹き出物、そしてニキビが発生してしまうという仕組みです。余分な老廃物や水分がたまり、血管の流れやリンパの流れは悪くなりますので、皮膚をベストな状態に維持するための栄養素がうまく肌に届かずに、いったん出てしまったニキビや吹き出物、湿しんは悪化する一方になります。

 

・活性酵素がニキビをさらに悪化させる
便秘によるもう一つの悪影響は活性酵素を発生させること、毒素や老廃物が体外に排出されないために、活性酵素という物質が発生しますが、これは健康なお肌の大敵、お肌から瑞々しさを奪い、肌荒れを引き起こします。活性酵素によりお肌の健康な状態が損なわれてしまうと、お肌本来に備わっている免疫力も減退し、この結果ニキビがどんどん進んでしまうのです。

 

便秘対策として考えられること

便秘を手っ取り早く改善したいと、便秘薬を使う方もいるようですが、これはかえって便秘に至るサイクルを悪化させるだけになります。便秘薬は大腸を強く刺激しますので、これにいったん慣れてしまうと、大腸の排便機能自体が弱まってしまう可能性もあります。

 

では便秘の症状の改善にはどのような対策を用いるべきでしょうか。便秘対策として重要なのは、きちんと毎食食事を取ることです。ダイエットを行っている方や朝が苦手な方は朝食を抜きやすいようですが、朝目覚めてすぐの時間は体の機能がもっとも効率よく働く時間、量は少しでも構いませんが、朝食を抜くことはやめましょう。

 

朝起きたときに水を飲む習慣のない方は、ぜひこれを習慣付けるようにしましょう。便秘の症状の改善には硬度の高い良質な実ミネラルウォーターが効くといわれています。水分の摂取量が不足していると、便が適度な水分を保つことができず、これが大腸の中で溜まってしまう原因の一つとなります。水分補給はたっぷり目に行いましょう。

 

便秘に良い食材として挙げられるのは、食物繊維を豊富に含むもの、食物繊維には不溶性と水溶性がありますが、どちらも取るようにしましょう。もう一つ便秘に非常に効き目があるといわれているのが、ヨーグルトです。ヨーグルトには整腸作用があり、腸内で善玉菌を増やします。

 

飲み物としてお勧めなのは、健康作用の高いハーブティーなど、便秘解消用のブレンドハーブティーとしてよく用いられるのは、カモミールやミントなど、ハーブティーならカロリーも低くダイエット中の方でも問題なく飲んでいただけます。

 

食事以外にも気をつけたいことがあります。運動不足もまた便秘を引き起こす大きな原因、仕事柄どちらかというと体全体を動かすことの少ない方は、ウォーキングなどを日常生活に取りいれるようにしましょう。

 

便秘とニキビには明らかな相関関係があります。便秘に悪い食習慣・生活習慣はそのままニキビにとっても悪いものといえます。便秘の症状の改善に効果があると思われる食材はそのままニキビ対策としても十分通用します。便秘とニキビの両方に悩まされている方は、これを機会にご自分の生活習慣や食生活について振り返ってみるようにしましょう。