チョコレートとニキビには関連性があるのでしょうか

チョコレートがニキビの元になる?

ニキビを気にして「チョコレートを食べるとニキビができるので普段は食べることを我慢している」という人が多いようです。チョコレートを食べることでニキビができやすい体質になるという意見が多い一方で、ただの都市伝説で実際には関係ないと考えている人なども多いようです。

 

実際にはニキビができることとチョコレートを食べることの間には関連性があるのでしょうか。

海外の研究機関によると関連性はなしとの見方が強い

海外の研究などでは、ニキビができることとチョコレートを食べることの間には関連はないという結果も報告されているようです。これは海外のしっかりとした研究機関の行った実験の結果ですので、信頼性が高いものだと考えても良いでしょう。

 

チョコレートをたくさん食べた場合でも必ずしもニキビができやすい体質になるわけではないのです。

 

それではなぜニキビとチョコレートに関係があるという話になったのでしょうか。

 

実はチョコレートについてはニキビとは全くの無関係というわけではないのです。チョコレートはバターや砂糖やカカオなどを原料として作られています。つまりチョコレートは脂質や糖質などをたっぷりと豊富に含んだ食べ物だと言えるのです。

 

脂質や糖質を摂取すれば当然皮脂の分泌が盛んになります。この余分な皮脂が酸化してしまうと皮膚に対してダメージを与えるため、これがニキビの原因となってしまうのです。これらの一連の話には十分な説得力がありますし、実際にそうなる可能性が高いといえるでしょう。

 

チョコレートに含まれるポリフェノールやカカオなどの成分は本来身体に優しいものですから、適量であれば摂取することは好ましいといえるのです。

 

ポリフェノールやカカオには抗酸化作用による肌のアンチエイジングや動脈硬化の予防、またストレス発散などの効果が期待できます。これらの効果はニキビ予防のためにも有効なものだと言えるでしょう。

 

ただしそれはあくまでも適量を摂取した場合の話です。

 

またチョコレートには脂質や糖質が多いため、大量に摂取した場合にはメリットよりもデメリットの方が多くなってしまうのです。食べることがいけないわけではなく、大量に摂取することがいけないのだということになります。

 

チョコレートは適量を心がけ、また砂糖不使用などの製品を選ぶことも検討してみてください。