生理とホルモンバランスがニキビの原因!?

ホルモンバランスとニキビの関係

大人ニキビとホルモンバランス

ホルモンバランスはニキビにとって大きな関わりがあります。本来、皮脂には皮膚を保護する役割がありますが、ホルモンバランスは、皮脂の分泌量をコントロールしています。

 

ニキビと大きく関係があるのは黄体ホルモンです。黄体ホルモンは、アンドロゲンと呼ばれる男性ホルモンと非常によく似ており、皮脂の分泌を促します。その結果、ニキビができやすくなってしまうのです。

 

生理とニキビ
女性の体を支配する女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があります。

 

生理が終わると次の排卵に向けてエストロゲンの分泌が高まり、排卵が終わると生理までの約2週間はプロゲステロンの分泌が優位な状態になります。このホルモンバランスの変化によって女性の体は様々な影響を受けます。生理前になると、多くの女の人がなんらかの形で症状が出ることが多いと思いますがニキビもその中の一つでしょう。

 

生理が始まると、エストロゲンとプロゲステロンの2種類の女性ホルモンが交互に作用しますが、このうち排卵後から月経までの約2週間に分泌されるプロゲステロンには、男性ホルモンとよく似た作用がありますそのため生理前2週間の黄体期には、プロゲステロンの分泌が増え、肌が脂っぽくなります。女性でも卵巣と副腎皮質から、ある程度の男性ホルモンが分泌されています。

 

生理が始まる前には、エストロゲンとプロゲステロンの2つの女性ホルモンの分泌が枯渇してしまいます。そのため一定量分泌される男性ホルモンの分泌が優位な状態になります。

 

生理前に精神的にイライラしたり、男性的になったり、いろいろな症状がでるのはこのためです。生理前には男性ホルモンが優位な状態になるため、皮脂分泌が多くなり、ニキビができやすくなります。

 

生理前ニキビの対策と予防法

女性ホルモンが肌の調子やニキビと関係しているのなら、薬などで成長ホルモンや女性ホルモンを摂取しさえすればよさそうな気がします。もちろん、薬などによるホルモン治療は実際にあります。しかし副作用が伴ったり、個人差があったりと、必ずしも有効な方法とはいいきれません。

 

このように成長ホルモンを人為的にいじろうとするよりも、まずは規則正しい睡眠をとったり、食生活に気をつけてホルモンバランスを整えることが大切です。また、納豆などの大豆製品、チェストツリーやローズヒップなどのハーブといった自然食品で女性ホルモンの調節をすることも有効でしょう。

 

睡眠不足やストレスは体内リズムを狂わせ、ホルモンバランスを乱したり、皮膚の新陳代謝を鈍らせたりします。早寝早起きの規則正しい生活と、自分なりのストレス発散方法を見つけてホルモンバランスを整えるように心がけましょう。