ニキビのかゆみの原因と対策について

かゆいニキビに

ニキビができたことが原因で「かゆみ」を感じることがあるかもしれません。

 

しかしかゆいからとニキビを掻いてしまうとそれが原因でニキビの症状を悪化させてしまう可能性が高くなりますし、また炎症などを起こしてしまうとニキビ跡が残ってしまうかもしれません。

 

かゆいからといってニキビに触ってしまうことは危ないということをしっかりと覚えておいてください。

アクネ菌の増え過ぎと乾燥に注意が必要

ニキビができるとかゆみを感じるのは、皮膚に炎症が起きたことによる刺激を感じることが原因となっています。

 

雑菌がニキビができた毛穴の中で繁殖してしまうのですが、この時には同時に雑菌を攻撃する「アクネ菌」の働きも活発になるのです。

 

アクネ菌は雑菌を攻撃する必要で欠かせないものなのですが、一方で数が増えすぎてしまうと逆に炎症の原因となり痛みやかゆみなどを感じてしまうことになります。

 

また肌の乾燥もニキビができやすくなる原因です。乾燥肌になってしまうと肌を守るためのバリア機能が低下してしまいますのでニキビができやすくなるのです。

 

刺激から肌を守る機能が低下するとかゆみなどについても感じやすくなります。ニキビができるとかゆみを感じやすくなることについては、このような2つの理由が影響しています。

 

これらについてしっかりと理解していれば簡単に対処方法を見つけることができるでしょう。

 

まずニキビの炎症が原因でかゆみを感じる場合については、炎症を鎮めるということが基本的な対策になります。ニキビの炎症を鎮めるためにはドラッグストアなどで購入することができるニキビ治療薬がおすすめです。

 

ニキビ治療薬はニキビの炎症を抑えることを目的に開発されていますので、高い効果を期待することができるのです。ただしあくまでもニキビの症状を抑えるための治療薬ですから、ニキビを予防する効果については期待することができません。

 

また肌の乾燥が原因によるかゆみについては、保湿ケアをしっかりと行うことが対策になります。

 

ニキビが気になるという人の場合には1日に何度も洗顔を行うことが多いようですが、洗顔については1日1回を心がけるようにしてください。またニキビケアのための効果のある化粧水や、保湿効果のある化粧水などを選ぶことも有効です。肌の保湿力を高めることでニキビのかゆみを抑えることができるはずです。