ニキビにとって睡眠不足とストレスは大敵!

大人ニキビと睡眠不足

■日々の生活で受けたダメージがニキビの元となる
肌にとってもっともしてはいけないことは、睡眠不足です。

 

私たちは普段の生活で、知らず知らずのうちにさまざまなダメージを皮膚に受けています。紫外線や乾燥などは、特になかなか意識することもできないでしょう。

 

そして、このようなダメージによって傷ついた肌を癒やし、回復してくれるのが睡眠なのです。つまり睡眠不足になれば、それだけ日々のダメージを回復できないままどんどん肌を傷ついていくばかりになってしまうわけです。

 

そうなれば当然肌の働きも弱まってしまい、潤いは失われ、毛穴が詰まって、やがて新陳代謝も悪くなっていくでしょう。もちろん、このような状態は肌荒れやニキビを招きやすく、また治りにくいものにもしてしまいます。それだけではなく、睡眠不足はホルモンバランスも乱してしまうため、より皮脂を分泌する原因ともなってしまうのです。

 

このように、健康な肌にとって睡眠は絶対に欠かせないものです。ただし、だからといってとにかくたくさん寝ればよいというものでもまたありません。寝すぎることで昼夜が逆転したりしまっては、かえって自律神経や成長ホルモンのバランスを崩してしまうことにもなりかねません。ちょうどよい睡眠時間というのは人それぞれですが、だいたい7〜8時間程度がよいとされています。

 

また、睡眠というのはその質も重要なので、とにかく時間さえとればよいというものでもありません。あまり夜遅くまで起きていたりすると新陳代謝も悪くなり、結局ニキビや肌荒れの原因となってしまうでしょう。特に午後10時から午前2時にかけての睡眠は成長ホルモンの分泌を促すといわれているので、夜はしっかり寝るようにしましょう。

 

よい睡眠をとるためには

よりよい睡眠を取るためには、どうすればよいのでしょうか。就寝前にストレッチのような軽い運動を行うと、血のめぐりがよくなって寝つきがよくなるのでおすすめです。また、普段から適度な運動を行っておくのもよいでしょう。

 

逆に、睡眠前にパソコンやテレビを使うことは厳禁です。光は脳を刺激して活動的にしてしまうので、寝つきが悪くなってしまうのです。また同じような理由で、コーヒーや紅茶を寝る前に飲むことも避ましょう。カフェインは長いと7時間ほども脳を刺激してしまうのです。

 

ニキビを防ぐには、これらのことに気をつけて、規則正しい生活で普段からよい睡眠をとるようにしましょう。

 

ストレスをうまく解消する

また、肌にとってはストレスも体の内側から影響を与えるので、ニキビを防ぐためにもあまりためないように気をつけなければいけません。そこでストレス解消法としておすすめなのが、ストレッチです。ストレッチは長い呼吸によって血のめぐりをよくし、全身をリラックスさせてくれます。

 

また、香りによるリラックスも脳に直接働きかけてリラックスさせてくれるので、よいと思います。アロマテラピーやお香などを利用して、頭から体を休めましょう。ストレスの原因というのは人それぞれなので、自分にもっとも合った方法を探してうまく解消するのが一番です。