色々なストレスによってニキビが発生する!?

大人ニキビとストレス

美容の問題にかぎらず、一般的にストレスは体にはよくないといわれています。その理由のひとつに、人はストレスを感じると毛細血管が萎縮し、血流が悪くなるということが挙げられます。肌に関してもまさにこの点が問題で、血流が悪くなるとターンオーバーが乱れて古い角質が溜まりやすくなり、皮脂の出口がせまくなってニキビができやすくなるのです。

 

 

ホルモンバランスの乱れ

ストレスを感じると、それに対応しようと副腎皮質ホルモンというストレスと闘うホルモンが分泌されます。が、それと同時にアンドロゲン、いわゆる男性ホルモンも分泌されます。体は男性ホルモンを分解しようとし、その際、皮脂腺が刺激されます。皮脂腺が刺激されれば皮脂の過剰分泌を招き、ひいてはニキビの原因となってしまいます。

 

活性酸素

またストレスは活性酸素を大量に発生させもします。活性酸素はメラニン色素の生成やターンオーバーの乱れ、皮脂の酸化を起こさせます。皮脂に含まれているスクワレンという成分は非常に酸化しやすく、スクワレン過酸化物質という酸化物に変化しやすい性質があります。ストレスで発生した活性酸素によって姿を変えた皮脂成分、スクワレン過酸化物質が肌に刺激を与えると、角質が厚くなって毛穴が詰まりやすくなります。

 

ストレス対策

適度の運動は自律神経を安定させ、ストレス発散になります。そのうえ血流もよくなり新陳代謝を活発にしてくれます。無理して激しい運動をしてはかえって逆効果になりかねませんので、軽く汗をかく程度、たとえばウォーキングやジョギングなどの運動がよいでしょう。

 

カルシウムがストレスに対して効果的です。

カルシウムにはイライラを抑制し、精神を安定させる効果があります。忙しいからといってインスタント食品ばかり食べていると、食品によって含まれているリンというミネラルがカルシウムの吸収を妨げてしまいます。

 

牛乳やヨーグルトなどの乳製品が一番吸収率がよいので積極的に摂取するとよいでしょう。

 

ビタミンCにも効果があります。

人がストレスを感じると、副腎皮質ホルモンというストレスに抵抗しようとするホルモンが分泌されます。
副腎皮質の生成にはビタミンCが関係しています。

 

ビタミンCが不足するとストレスに弱い体になってしまうので、サプリメントやドリンク剤などでもいいので積極的に摂取しましょう。