紫外線がニキビに与える影響とは

大人ニキビと紫外線

紫外線が皮膚に悪影響を及ぼすという話は、いまでは多くの人にとって、もはや常識のように浸透しています。紫外線とは、主に太陽から発せられる電磁波エネルギーの一種で、目に見える可視光線の紫色の外側にあるので、その名がつけられています。紫外線がしみやそばかす、皮膚がんの原因になるとはよくいわれますが、ニキビの原因にもなることはあまり知られていないようです。

・紫外線とは
紫外線は波長によって、UV-A(紫外線A波)、UV-B(紫外線B波)、UV-C(紫外線C波)の3種類に分けられます。UV-Aは、窓ガラスを通り越えてしまうほど波長の長い紫外線で真皮にまで届き、肌の弾力や潤いを保つコラーゲンなどを破壊し、シワやたるみなどの症状を引き起こします。UV-Bは、UV-Aと比較すると波長は短いですが、長い時間浴びていると、活性酸素が増加してしまうため、ニキビが炎症を起こし、悪化したりニキビ跡が残ったりしてしまいます。

 

UV-Cは、地球上大気圏のオゾン層によって、地球上には少ししか届きません。しかし、近年では温暖化などの影響でオゾン層が破壊されてきていますので、UV-Cの量はだんだんと多くなってきています。紫外線の中で一番危険だと言われているのが、このUV-Cです。

 

ニキビと紫外線

油は、紫外線、熱、空気(酸素)によって酸化が始まり、最終的に黒く固形状になります。これと同じ事が肌表面の皮脂でも起こり、紫外線によって皮脂は酸化してしまいます。酸化した皮脂(過酸化脂質)は、皮膚に強い刺激を与えて毛穴のまわりの角質を厚くさせ、皮脂の出口を狭くして毛穴の詰まりをまねきます。

 

また紫外線は、誰にでも常在菌として毛穴に存在するアクネ菌といっしょになって、肌に厄介な影響を及ぼします。アクネ菌がつくりだすポルフィリンという物質は、紫外線に当たると活性酸素を発生させ、皮脂の酸化や炎症、角質肥厚を起こすなど、ニキビの元となる肌トラブルをまねきます。さらに紫外線はメラニン色素を大量に生成し、ニキビ跡の色素沈着をいっそう治りにくくさせます。

 

ふつうに生活しているかぎり、紫外線はつねに私たちに降りそそいできています。紫外線から肌を守るため、日焼け止めなどの対策が必要です。