あなたのは白いニキビ?赤いニキビ?黒ニキビ、黄ニキビの違いとは?

大人ニキビの種類

ニキビは症状の進行度によって、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビなどに分類されます。

 

白ニキビ

いわゆる初期段階のニキビで、面疱やコメドとも言われます。毛穴はまだ開いていません。白く小さなブツブツに見え、その色から白ニキビと呼ばれます。

 

黒ニキビ

白ニキビがやや悪化して、毛穴が開いた状態です。ニキビの先端部分が黒く見えることから、黒ニキビと呼ばれます。

 

大人ニキビは、白ニキビや黒ニキビの段階ならば、洗顔で毛穴をキレイにすることで悪化を防ぐことが出来ます。

 

赤ニキビ

赤く炎症を起こし始めたニキビで、丘疹とも呼ばれます。黒ニキビを放置していると、毛穴に詰まった皮脂が原因でアクネ菌が増殖します。これが炎症を起こし、赤く腫れてしまった状態が赤ニキビです。

 

黄ニキビ

炎症を起こした毛穴の中に黄色い膿がたまった状態で、化膿ニキビとも呼ばれます。赤ニキビが進行したものです。このたまった膿が、ニキビの芯と呼ばれるものです。無理に取り出そうと引っ掻いたりすると、ニキビ跡として残ってしまいます。

 

 

大人ニキビができてしまったら、正しいスキンケアをして、出来るだけ早い段階のうちに治してしまいましょう。ポイントは洗顔できちんと毛穴の汚れを落とすこと、化粧水で保湿とビタミンCの補給をしっかりとすることです。毛穴をきれいにすることはもちろん大切ですが、それだけでは足りません。肌に潤いを与え、みずみずしく柔らかい状態にしておくことで、古い角質が毛穴に詰まるのを避けることができます。

 

また、ビタミンCは肌の炎症を抑え美肌を保つ効果があるため、化粧水や美容液で補給することで、ニキビの出来にくい健康な肌を保つことが出来ます。