どう違う?思春期ニキビと大人ニキビ

思春期ニキビと大人ニキビ

見た目が似ているため、思春期ニキビも大人ニキビも同じもの、予防も治療法も変わらない…と思いがちです。しかし実際は、出来る原因や場所などに様々な違いがあることを知っておきましょう。

 

思春期ニキビ

子どもの体から大人の体へと変化する10代の時期は、性腺の動きが活発になり、男性ホルモンが皮脂腺を刺激し、皮脂がたくさん分泌されます。この皮脂で毛穴がつまったところにアクネ菌が増殖して、顔全体にニキビが発生しやすくなります。これが思春期ニキビです。

 

大人ニキビ

20代以降には、お肌の乾燥、古い角質の毛穴詰まり、生理前のホルモンバランスの乱れ、毎日の食生活や生活リズムの乱れ、ストレスや睡眠不足など、大人ならではの様々な事情がニキビの原因となります。また、あごや頬など、乾燥しやすいフェイスライン(顔のUゾーン)に繰り返し出来やすくなります。これが大人ニキビです。

 

それぞれに合った対処法を

このように、思春期ニキビと大人ニキビは、原因も出来る場所も、大きく違うものです。当然、ケアの仕方も変わってきます。それぞれの状況に合わせた正しい対処をすることが大切です。

 

皮脂の分泌がさかんな思春期ニキビでは、洗顔回数を増やして、毛穴詰まりの原因となる皮脂を取り除くよう心がけましょう。なおかつ保湿もしっかり行うことがポイントとなります。

 

大人ニキビは家庭や職場の環境など、様々な事柄が原因となるため、まずはその原因をはっきりとさせ、改善させる必要があります。不規則な生活や食生活の乱れは出来るだけ避け、規則正しい生活を心掛けましょう。

 

また、間違ったスキンケアにより、毛穴に皮脂や角栓が詰まりやすくなっている可能性もあります。その場合は、大人ニキビケア用のスキンケア化粧品を使用することによって、肌の状態を改善することができます。生活上のニキビの原因となる事柄を全て改善させるのが理想ですが、例えそれが無理でも、正しいスキンケアをすることによって、少しくらいのストレスには負けない健康で美しい肌を手に入れることが出来ます。