寝具や下着を衛生的に保つ

大人ニキビと寝具

ニキビ対策といえば洗顔や生活習慣といったところに目がいきがちですが、下着や寝具の衛生管理も、間接的ながら大切な問題です。

 

下着

下着は直接肌に触れる衣類なので、最も汗の影響を受けやすくなっています。汗を吸った下着をそのまま着用していると、雑菌が繁殖し、背中や胸などに付着してニキビが発生しやすくなります。特にナイロン製の下着は通気性が悪く、蒸れやすいので、毛穴が詰まりやすい傾向にあります。

 

夏場など汗をかきやすい時期は、汗をかいたらすぐに拭きとるか下着を取り替えるようにしましょう。汗そのものはさほど汚れてはいませんが、汗と皮脂、老廃物が混ざり合うと、毛穴が詰まり、背中ニキビの原因となります。

 

また、女性の場合は、ブラジャーのワイヤー部分と肩ひもの部分に汗や汚れが溜まりやすく、そのままにしておくと雑菌が繁殖してしまいます。ブラジャーの多くは化学繊維を使用しているので、長時間締め付けられていると背中にかいた汗が吸収されず、蓄積されて毛穴が詰まるなど、ニキビの原因をまねきます。

 

下着の素材については、通気性のよい綿素材や、コットンなど肌にやさしく、吸収性も高い素材を選ぶと汗による背中ニキビを防ぐことができます。

 

またタオルの衛生管理も重要です。せっかくきれいに顔や体をあらっても、肝心のタオルが不衛生では、水分を拭きながら雑菌を塗りつけているようなものです。タオルの共有は極力避け、一度使ったら洗濯するようにしましょう。

 

寝具

人は寝ている間にコップ1杯分の汗をかいているそうです。汗は下着やパジャマに吸い取られますが、枕やシーツ、敷布団などにも染み込みます。汗の染み込んだ寝具をそのまま放置していると、雑菌が繁殖し、寝るたびに雑菌の影響を受けるようになります。

 

洗顔などでニキビのケアをしたとしても、枕が汗で汚れていたのでは、枕の雑菌が顔についてしまい、せっかくのケアが台無しです。

 

パジャマやシーツ、枕カバーなどはこまめに洗い、天気のいい日は布団も干すようにしましょう。布団やベッドのマットレスなどは、丸洗いが難しいので不衛生になりがちですが、近頃は布団やマットに吹きかけるタイプの除菌剤も販売されていますので、こういった便利な製品を活用し、清潔を保つようにしましょう。

 

なかなかニキビの原因とはつながりにくく思ってしまいますが、寝具類の衛生管理にも配慮することが大切です。