ニキビの黒ずみを解消するためにはどうすればよいのでしょうか

ニキビ肌と黒ずみ対策

ニキビケアの方法を間違えてしまったり、またできてしまったニキビを放置してしまったりすると、ニキビの黒ずみの原因になってしまうかもしれません。

 

これは実際に多くの人が体験するう肌トラブルであるようです。ニキビの黒ずみについては、肌の炎症が起こってしまうことがその原因となっています。

肌の炎症は肌の表面で起こっているような印象があるのですが、実際には肌の深いところで発生するためそのダメージも大きくなるのです。

 

ただしニキビによる黒ずみは比較的対処が簡単ですから、原因を明らかにして早めの対応を心がけてください。

 

ニキビの黒ずみについては大きく分けて2つの原因が考えられます。

 

ひとつは黒ずみが出血によってできてしまう場合です。もう1つはメラニンによってできてしまう場合になります。

 

悪化したニキビは強い炎症を引き起こすことがあります。そうなると肌における毛細血管に大きなダメージが加わるため、これが破壊されて出血を起こしてしまうのです。このようにして発生した出血は黒ずみとして肌の中に沈着して残ってしまうことになります。

 

血液の色は赤色なのですが、これが酸化してしまうと少しずつ黒色へと変化して黒ずみになってしまいます。

 

もう一つの原因であるメラニンも色素沈着を引き起こします。紫外線から肌を守るためにメラニンが生成されるというイメージが強いのですが、実際には外的刺激から肌を保護することを目的としても生成されているのです。

 

ニキビができやすい状態の肌には有害な活性酸素が発生していることが多いため、これを抑えようとした肌がメラニンを盛んに生成するのだと考えられています。

 

このようなニキビによる黒ずみへの対応策としては、肌の再生力(ターンオーバー)を高めるということが重要になります。出血による黒ずみもメラニンによる黒ずみも、いずれも肌に色が残ってしまうことがその原因です。

 

ターンオーバーを高めることで皮膚の再生が促されますので、黒ずみの解消のためにも有効になるのです。またターンオーバーを高めるためにはピーリングなども効果的です。さらにビタミンC群を豊富に含んだサプリメントなどを取り入れることも黒ずみ解消やニキビケアのために効果的だといえるでしょう。