ニキビ治療に効果を発揮する洗顔方法とは

大人ニキビと洗顔方法

丁寧な洗顔はニキビ対策の基本です。クレンジングせずにメイクや日焼け止めなどを落とさずに塗ったまま就寝してしまうのはもってのほか。毛穴が詰まったままだと、皮脂腺から分泌された皮脂が体の外に除去・排出されるのを妨げてニキビができやすい環境をつくってしまいます。

 

肌の再生は成長ホルモンが分泌される睡眠中に行われます。その再生を邪魔しないように、夜はきちんとクレンジング・洗顔をしましょう。

 

正しい洗顔方法

まずは毛穴を開かせましょう。毛穴の汚れは毛穴が開いていないとよく落ちません。皮膚を温めると一時的に毛穴は開くので、蒸しタオルなどを顔に当てて毛穴を開かせてから洗顔すると効果的です。お風呂なら湯気で毛穴が開くので、蒸しタオルなしでも汚れが落ちやすくなります。

 

洗顔料を泡立てます。

きめの細かいたくさんの泡で洗顔すると汚れがよく落ち、肌を痛めることもありません。手の平、または薬局などで市販されている泡立てネットなどで洗顔料をよく泡立てます。泡立てネットを使うと手軽にきめ細かい泡がたくさん作れます。

 

泡で、やさしく、丁寧に

皮脂の多いTゾーン、それから顔全体を泡でなでるようにしてやさしく洗います。ゴシゴシと力を入れる必要はありません。やさしく、丁寧に。それで充分汚れは落ちます。

 

ぬるま湯で洗い流します。すすぎ残した部分のないように、丁寧にしっかりすすぎましょう。とくに、髪の生え際、あごのフェイスラインはすすぎ残しが多い場所です。泡が残ってしまうと毛穴が詰まる原因になります。
何度も繰り返しすすいで、確実に泡を落としましょう。

 

タオルで拭きとる

洗い終わったら、タオルで押さえるように水分を拭きとります。ここで、決してこすらないでください。こすると肌を痛めてしまいます。

 

脂性肌の方はダブル洗顔を

脂性肌の方、毛穴の汚れが気になる方はダブル洗顔が効果的です。最初の洗顔では表面的な汚れを、2度目の洗顔では毛穴の汚れを落とすといった意識で洗顔するといいでしょう。

 

洗いすぎに注意!

肌のてかりやニキビが気になってしまう気持ちはわかります。でも、洗いすぎはよくありません。皮脂や角質には、もともと肌を保護するという役割があります。あまり頻繁に洗顔すると、かえって肌を痛めてしまいかねません。洗顔は1日2〜3回にしましょう。起床後と帰宅後、可能であればあいだに夕方の洗顔も挟むのがベストです。

 

正しい洗顔だけでニキビが改善する方も多いようです。洗顔料の選択や洗い方、洗う回数など、自分に合った洗顔方法を見つけるようにしましょう。