コメド(角栓)の除去は慎重に、ニキビの症状を見て判断しよう

コメド(角栓)の取り扱いは注意

ニキビのコメド(角栓)については一般的には取らない方がよいとされているのですが、白ニキビ(できて間もない新しいニキビ)や黒ニキビ(中心が黒ずむタイプのニキビ)の場合であれば取り除いても大丈夫です。

 

むしろ取り除いてしまった方が治りがキレイな場合が多いようです。

ニキビを悪化させる恐れがあるので、取り除く時はタイミングが肝心

ニキビのコメドをどのようなタイミングで取り除くのが最適なのかを見極めるのはなかなか難しいかもしれませんが、多くの場合には炎症をおこしていなければ大丈夫である場合が多いようです。

 

明らかな炎症を起こした状態である赤ニキビなどについては取り除くことは厳禁です。皮膚が非常にデリケートになっていますのでニキビを悪化させてしまう可能性が高くなりますし、またニキビ跡などが残ってしまう可能性が高くなってしまうのです。

 

白ニキビについては炎症を起こす前の初期段階になりますので、ケアをこの時点で行えば炎症を抑えながらスムースな治療を行うことが可能です。

 

コメド(角栓)は毛穴の詰まりの原因でもありますので、これを取り除くことで毛穴の中の皮脂のつまりなどを解消してアクネ菌などの雑菌の繁殖を抑えることができます。

 

黒ニキビについては既に炎症は治まっていることが一般的ですし、コメド(角栓)を取り除くことも簡単ですから除去してしまった方がよい結果が得られるでしょう。一方で放置してしまうとその後色素沈着などの原因になってしまう可能性があります。

 

コメド(角栓)の除去には専用の器具である「コメドプッシャー」の利用がおすすめです。

 

この器具は先端が輪になっていますので、毛穴にできたニキビをピンポイントで抑えることができるのです。コメドプッシャーをニキビの箇所にゆっくりと押し当てることでコメド(角栓)がニュルっと出てくるのです。後は清潔なピンセットでコメド(角栓)を取り除いて消毒や殺菌をすれば処理が完了します。

 

無理に押し出そうとするのは厳禁です。軽く押しあてても出てこないのであればそのままにしておきましょう。