皮膚科でレーザー治療や皮脂の圧出をして治す

大人ニキビと皮膚科

ニキビは放っておけばどんどん新しいものができていき、その痕も残ってしまいます。
色素が沈着したり、ひどい場合はでこぼこと皮膚の表面がクレーター状になってしまい、皮膚の状態を正常な状態にまで戻すことは難しいのです。ですので手のつけられない状態になる前にニキビがこれ以上増えないように治療を行うことが重要です。

 

以前は内服薬を飲んだり塗り薬を塗るなどの治療がメインでニキビで病院に行っても治らないという印象を持っている人も多かったのですが、最近は技術の進歩やニキビ研究が進んだことにより皮膚科で様々な種類の治療を受けることができるようになってきました。

 

皮膚科で行われる治療の方法には大きく分けて4つの方法があります。
まず抗生物質などを服用する内服治療、外用薬を塗布する外用薬治療、状態が悪い場合は手術治療、レーザー治療やフォトフェイシャルといった光治療と言ったものがあります。
また最近では出来てしまったニキビ痕を目立たなくさせるコラーゲン・ヒアルロン酸注射も行われており、患者さんの症状に合わせて様々な治療を受けることが可能となってきています。

 

ただ、これらの治療法は保険適用されるものとされないものが含まれていますので、施術を受ける前に皮膚科医にしっかりと確認する必要があります。

 

レーザー治療

あざやしみの治療にレーザーを用いるというのは聞いたことがあると思いますが、ニキビの治療ではニキビのある箇所に特定のレーザー光線を照射し、ニキビの原因となるアクネ菌を殺菌します。
またニキビによって肌がクレーター状にでこぼこしてしまった場合ももし患部が柔らかければ炭酸ガスレーザーを照射することで肌の表面を平らにすることができます。
レーザー治療は短時間で施術することが可能なうえ、敏感肌の人でも肌を傷めずに治療をすることができ、副作用もありません。
ケミカルピーリングもニキビの治療法として人気がありますが、こちらは肌が弱い人が受けることができず施術時間が長いことも短所だったのでレーザー治療が最近は人気を集めているようです。

 

皮脂の圧出

一般的にケミカルピーリング後に行われることの多い施術ですが、ニキビの頂点にレーザー光線をあててニキビに小さな穴を開けます。そうすることで皮脂やニキビの芯であるコメドを機器で衛生的に排出することができるようになります。

 

通常ニキビをつぶすと治りが悪くなる、とか痕が残ると言われますが、これは不衛生な手でニキビをつぶすことにより様々な細菌に感染してしまうため起こるものなのです。レーザー光線には殺菌作用もあるため、ニキビに穴をあけても細菌に感染することはありませんし、もともとニキビにあった炎症なども収まってしまいます。
施術を受けた次の日にはニキビは小さなかさぶたに変わり、数週間のうちにポロリと自然に落ちてしまいます。

 

自然治癒の場合治るまでに何ヶ月もかかるものですが、圧出を受けた場合その期間が短縮され数週間できれいに治癒してしまうため、患者さんにとって利点の多い治療法と言えます。