ニキビ治療のための飲み薬は身体の内側からその効果を発揮します

ニキビの治療薬・塗り薬について

ニキビ治療の薬といえば塗り薬を思い浮かべる人が多いようですが、ニキビ治療のために病院などで処方を受ける薬には飲み薬なども多いようです。

 

通常の場合にはニキビ治療で飲み薬が処方されることは少ないようなのですが、症状がひどい場合や何度も繰り返しニキビができてしまう場合などには飲み薬を処方されることになります。

 

ドラッグストアなどでだれもが購入できるニキビ治療薬は塗り薬がほとんどであり飲み薬はあまり見かけません。

 

しかし病院でニキビ治療薬が処方される場合には、飲み薬と塗り薬がセットになっている場合などが多くなります。飲み薬については抗生物質や抗炎症剤や皮脂分泌抑制剤などが処方されるようです。

 

ニキビの炎症の原因であるアクネ菌の増殖を抑えるのが抗生物質です。即効性があり高い効果を期待することができます。ただし長期的に利用を続けると体内で耐性ができてしまい効果が下がってしまう場合などもあるようです。

 

また炎症を抑えるのが抗炎症剤になります。さらに過剰な皮脂分泌を抑える効果があるのが皮脂分泌抑制剤です。これはニキビ治療薬特有の成分だと言えるでしょう。皮脂分泌が過剰な場合には皮脂分泌抑制剤を服用することで体質を改善することができるのです。

 

ニキビ治療のための飲み薬としては、これらの医療品以外に漢方薬も注目を集めています。

 

一般的な医薬品の場合には特定の症状に対してそれを改善することが目的となっているのですが、体内から働きかけるのが漢方薬ですから体質そのものを改善することでニキビ治療のための高い効果を期待することができるのです。

 

ニキビ治療のための漢方薬としては荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)、加味逍遥散(かみしょうようさん)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)などが幅広く利用されています。ニキビ治療のための飲み薬を使用する場合には用量や用法を正しく守るようにしましょう。