ニキビが人にうつる、感染するということはありません

ニキビは人にうつる?

ニキビの悩みを抱えている人の場合には、タオルを貸したり借りたりすることに強い抵抗を感じることが多いようです。

 

これについては「ニキビがうつるのではないか?」と考えていることが理由となっています。結論としてはニキビはうつりません

 

ですからニキビの症状のある人のタオルを借りて使ったとしてもニキビがうつることを心配する必要はないのです。ニキビができやすい人の肌にはアクネ菌などが多いためこれらがタオルなどを通して他の人に付着するという可能性はあるかもしれませんが、それが原因でニキビができてしまうということはないのです。

 

アクネ菌はニキビの原因だといわれることもあるのですが、実際には誰もが持っている善玉菌の一種であるのがアクネ菌なのです。

 

アクネ菌は本来毛穴の奥や肌の表面で繁殖した雑菌を抑える働きをするためのものです。アクネ菌は肌の健康のために重要な役割を果たしています。しかし雑菌が多すぎる場合などにはアクネ菌も必要以上に増えてしまうため、大量に増えてしまったアクネ菌が原因でニキビができてしまうのです。

 

ですからアクネ菌が原因というよりも、肌環境の悪化が原因でニキビができてしまうのだと考えることが適切なのです。

 

他の人のアクネ菌が自分の肌に付着した場合には、自分がもともと持っているアクネ菌と一緒に活動するという可能性もあります。そうなると普段の状態よりもニキビができやすくなってしまうのかもしれませんが、実際にはあまり現実的ではありませんし心配する必要もないでしょう。

 

「他の人からニキビをうつされてしまった!」という経験がある人の場合には、それは実際にはうつされたのではなく他の原因でニキビができてしまったのでしょう。ストレスの蓄積や食生活の乱れなどの原因を疑ってみることをおすすめします。