紫外線対策で効率よくニキビを予防する

大人ニキビと紫外線対策

・基本はできるだけ直射日光を浴びないこと
まず基本は、日傘や帽子で日光を遮りましょう。とくに日傘は有効です。日傘を使用する場合、白などよりも紫外線の透過性が最も低い「黒色」の物を使いましょう。また、帽子はツバが大きく、全周についたタイプであれば、頬やうなじにあたる紫外線を防止することができます。しかし、それだけで紫外線をすべてカットできるわけではありません。それに地面からの照り返しという問題もあります。

 

そこで、紫外線対策として一般によく注目されるのが日焼け止めです。

 

「SPF」「PA」とは

地表に届く紫外線は、UV-AとUV-Bの2つです。この2種類の紫外線から肌を守るために、日焼け止めを選ぶ際には次の2つの表示に気をつけるといいでしょう。

 

・SPF
SPFとは、紫外線のうち、UV-Bを遮断する効果の程度を表す指標です。紫外線防御指数ともいいます。これは、なにも塗らない状態で皮膚が赤くなるまで紫外線を浴びたとして、日焼け止めを塗ることでその何倍の紫外線量に耐えられるかを表した数値です。つまり、20分日光を浴びて肌が赤くなる人がSPF10の日焼け止めを使用した場合、10倍の紫外線を20分浴びると赤くなる、という意味です。

 

SPFの値の目安としては、通勤や買い物などの日常生活では10〜15、屋外活動では15〜25、海水浴など長時間外にいる場合は30〜50、とされています。

 

ただ、最近はSPF50以上は表示しないという決まりができたため、50以上のものには50+といった表示があれるようになりました。またSPF値は30前後で一番効果が高く、それより大きくても実はそんなに効果は変わらないといわれています。

 

そして注意の必要なことがひとつ。この数値は高いほど肌への負担が大きくなります。また日焼け止めの効果も時間とともに弱まってくるので、数値の高い物を長時間使用するのではなく、適切な数値の物をこまめに塗りなおすのがいいでしょう。

 

・PA
PAとは Protection grade of UV-A の略で、UV-Aをどのくらい防止できるかという目安です。UV-Aは皮膚のくすみ、しみの原因となるので、SPF同様、紫外線から肌を守る目安となります。PAは3段階に区分され、効果の度合いを「+」の数で表示し、 PA+〜PA+++まであります。ただし、こちらも「+」の数にとらわれず、こまめに塗りなおすようにしましょう。

 

ビタミン補給

紫外線は体内のビタミンを破壊してしまいます。ビタミンは、健康にはもちろんのこと、美肌を保つために重要な栄養素です。紫外線で壊されたビタミンは、すぐに摂取して補給しましょう。