ニキビの予防にはビタミンB群が効果的?

ニキビ治療にビタミンB群

 

美肌の基礎は食生活から〜ビタミンB群をきちんと摂取してニキビを予防しよう!

ニキビで悩んでいる人は少なくないと思いますが、いったいどのようなことに気をつければいいのでしょうか。
やはり大切なのはバランスのいい食生活を心がけることで、脂質の多い食事は控えるようにしてください。過剰な皮膚分泌はニキビの原因となってしまいます。

 

それではどのような栄養素を積極的にとるのが好ましいのでしょうか。それはビタミンB群です。しかしビタミンB群といっても、たくさんの種類がありますし、どのような食材を摂取したらいいのかわからないという人もいると思いますので、いくつか紹介したいと思います。

 

ビタミンB2

ニキビの原因は脂質ですので、脂質の代謝を促すビタミンB2の摂取は特に大切です。
ビタミンB2にはニキビ対策だけではなく、きれいな肌や髪、爪を作る働きもありますので、若々しくありたい人はビタミンB2を摂取するようにするといいでしょう。

 

もしビタミンB2が不足してしまうと、皮脂分泌のバランスがおかしくなってしまい、皮膚が弱ってしまいます。弱った皮膚は細菌に対する抵抗力も低下してしまい、結果的にニキビの原因となります。

 

積極的に摂取したいビタミンB2ですが、水溶性ですのでがんばって摂取してもすぐに体内から排出されてしまうという問題があります。

 

逆にいえば大量に摂取しても、すぐに排出されてしまうため副作用などは起きにくいという特徴もあるのですが、効果的に摂取するためには1日に1度ではなく、複数回にわけて定期的に摂取するようにすることがおすすめです。

 

ビタミンB2を含む食材としては、レバー、うなぎ、ヨーグルト、納豆、のり、カマンベールチーズ、まいたけ、卵、アーモンドなどがあります。またビタミンB2は光も弱点としていますので、これらの食材は日光の当たらないところで保存するのがビタミンB2のためには大切です。

【ビタミンB2を含む食材】
レバー、うなぎ、ヨーグルト、納豆、のり、カマンベールチーズ、まいたけ、卵、アーモンド

 

ビタミンB6

ビタミンB6はタンパク質の代謝を促してくれます。肌の正常なターンオーバーのためにはタンパク質が重要となっていますので、それを支えるビタミンB6は重要となっています。
肌や髪を健康に保ってくれ、免疫も高めてくれるためニキビができにくくなります。もしビタミンB6が不足してしまうと、正常な肌を維持することができなくなってしまうため、ニキビになりやすくなってしまうでしょう。

 

他にも神経伝達物質や皮膚バリアを維持するためにもビタミンB6が必要となっています。もし神経のバランスが不安定になってしまうと、うまく寝付けなくなったりしてやはり結果的にニキビができやすくなってしまいます。

 

ビタミンB6もビタミンB2と同じく水溶性ですので、摂取には工夫が必要となっています。1日に複数回摂取し、常に一定以上のビタミンB6が体内にあるようにしておくことがいいでしょう。
またビタミンB6はビタミンB2の助けがないと、その力を最大限に発揮することができませんので、ビタミンB6とビタミンB2の両方を意識して摂取するようにすることが大切です。

 

ビタミンB6を含む食材としては、マグロ、サンマ、サバ、イワシ、牛レバー、鶏レバー、豚肉、サツマイモなどがあります。
やはりビタミンB2と同じく光を苦手としていますので、その保管方法には注意してください。

【ビタミンB6を含む食材】
まぐろ、さんま、さば、いわし、牛レバー、鶏レバー、豚肉、さつまいも

 

パントテン酸

パントテン酸という名前はあまり聞いたことがないかもしれませんが、かつてはビタミンB5と呼ばれていました。
ちなみに「パントテン酸」というのはギリシャ語で「どこにでもある酸」という意味です。様々な食品に含まれていますので他のビタミンB群と比較すると不足しがちということはないようです。

 

パントテン酸には様々な働きがあり、善玉コレステロールを増やしたり、エネルギーの代謝を助けてくれたりします。
もちろん肌の健康を保ったり免疫力を高めてくれますので、ニキビ予防にも欠かすことができません。

 

パントテン酸が含まれている食材には小麦胚芽、玄米、納豆、落花生、豆腐、味噌、 鶏卵、 チーズ、牛乳、レバー、 にんじん、椎茸、ブロッコリー、トマト、カリフラワー、 カレイ、ししゃもなどがあります。

 

アルコールやお茶、コーヒーなどをたくさん飲むとパントテン酸を多く消費するようですので、そういったときは意識して摂取するといいでしょう。
他にもストレスでもパントテン酸の消費量は増えると言われていますので、パントテン酸を多く含んだ食材を摂取してください。

【パントテン酸を含む食材】
小麦胚芽、玄米、納豆、落花生、豆腐、味噌、 鶏卵、 チーズ、牛乳、レバー、 にんじん、椎茸、ブロッコリー、トマト、カリフラワー、 カレイ、ししゃも

 

食べ方のポイント

ビタミンB2やビタミンB6と同じく水溶性ビタミンですので、摂取するのであれば加熱しないで食材を食べたり、あるいは煮汁なども活用するなどの工夫をするといいかもしれません。

ニキビ治療にビタミンB群