なかなか完治しないニキビ

なかなか治らない大人ニキビ

中学生のころ、思春期ニキビで相当悩んだ経験があります。大人になってからは特に悩んだことはなかったのですが、ここ数ヶ月気になっています。

 

中学生のころは白っぽい脂な感じのニキビに悩まされていましたが、今は赤くポツポツとした感じのニキビが口の周りを中心に、顔全体にできてしまっています。特にちょっと食べ物がかたよった日が続くと口の周りにひどくできてしまいます。

 

なるべく清潔にし、肌に負担をかけない事と、生活をなるべく規則正しくする事をこころがけるようにしているのですが、仕事をしているのでノーメイクというわけにはいかず、肌に負担をかけてしまっているし、忙しくすると食事もおろそかになるし睡眠も充分にはとれない状況になってしまいなかなか改善しません。サプリメントなど補助食品をとってみてもさほど効果は感じられません。

 

祝日が月曜日になって3連休があると、ゆっくり生活をただすことができるせいか、決まって肌の調子がよくなります。やはり、身体のなかからしっかり治すことが大切なようです。

 

本当に厄介!色々と治りにくく跡が残りやすい

大人ニキビは20代からできるニキビの事で、10代にできる思春期ニキビに比べ色々と厄介なニキビです。何が厄介かというと、治り難く跡が残りやすいという点であり、放って置けば治るというものでもなく、治りも遅いので、できないように日ごろからケアをする必要があります。

 

大人ニキビができる原因は色々ありますが、不規則な生活、ストレスなどでできる人が多いです。大人になると化粧をする必要があり、ニキビ治療に適した肌環境でいる事は難しいので、治りも遅くなり、気をつけたつもりでいても跡が残ってしまいます。

 

ニキビ跡は自然と薄くはなりますが、完全に無くなるには数年かかります。一番効果的なのは皮膚科に行ってレーザー治療などをしてもらう方法ですが、何回も通院する必要があり、手間がかかるというデメリットがあります。

 

市販の美白化粧品も効果はありますが、確実ではなく、購入代金がムダになる可能性があるので、どうしても大人ニキビやにきび跡を治したい場合は、評判の良い皮膚科に行き処方してもらう事をオススメします。