自分の肌に思いやりを持つのが大切

肌に思いやりを持って大人ニキビに対応

ニキビといえば高校生までというイメージがありますが、大人になってもストレス等が原因でニキビができることはあります。でも、若い時と同じケアをしていてはいけないのです。よく油ものや甘いものを控えると良いといいます。もちろん食べすぎはよくないですが、大人ニキビに関しては個人的な経験からいって食生活の影響は薄いように思います。

 

まずはクレンジングを完璧にすることです。いくらやさしいものでもメイクは肌にとって刺激があることに変わりありません。まずはクレンジングで毛穴をきれいにすることが重要です。そして、なるべくニキビの部分はメイクを避けることです。

 

それでも、どうしても仕事上化粧が必要な場合があります。その場合ファンデーションはニキビの部分を避けて、アクネ用パウダーを使うなどし、ニキビへの刺激を最低限にするように工夫します。

 

そして、最も大事なのは十分な睡眠をとることです。十分な睡眠により肌の調子が整い、ホルモンバランスも安定します。大人ニキビには生活習慣を含めた肌への思いやりが一番必要なことではないかと思います。 

 

しつこい大人ニキビ

若いころには背中にニキビなんてできませんでした。最近首から肩、背中に大人にきびがでます。それが治らない、しつこい、ぶり返すので困ってしまいます。パジャマの洗濯が今まで2日に一回だったのを毎日ににしました。お風呂上りにマキロンを背中に振っています。(これが自分でやるのが難しいのです)

 

しかし、これと言って改善が見られません。顔にできるものと違って、自分しか気づかないので、どうでもいいといえば、どうでもいいのですが(かゆみもほとんどないのです)、背中を向けてくるりと首をねじって鏡で見ると(見づらいのです)汚らしくて悲しくなります。

 

どう、とっても汚らしいのです。痛々しいというよりは、不潔な感じです。きっと髪からでる、ほこりやフケも原因だとは思っています。でも、ロングヘアというわけでもないので、背中ニキビのためにショートカットにするのは、あんまりです。