社会人になってから大人ニキビに悩まされるように

社会人になってからの大人ニキビ

社会人になってから、大人のニキビに悩まされ続けていました。食べ物や睡眠に気をつけるようにしても、突然顔中に有り得ないほど発生する事も。一番の大敵はやっぱりストレスなんだろうな、と思います。

 

あまりにひどかった時に、皮膚科を受診しましたが、『顔が汚れている』的な事を言われて、物凄くショックを受けました。

 

若い男性の先生でしたが、『それが、悩んで頼ってきた女性患者に言うセリフ!?』と頭に来たので、薬も次回来院もすべてスルーで、自力で治していこうと心に決めました。

 

色々しらべて、肌に良いビタミン剤や、化粧水など、大人ニキビだから必要になる物を、かたっぱしから実践しました。本当に治るのか、と不安になるほど顔中に出ていたニキビも、半年もかからずに、ほとんど気にならないくらいになりました。

 

やっぱり若い時と違って、水分不足や肌の再生に良いビタミンなどを積極的に摂取したのが良かったのか、と思います。

 

本当に厄介!色々と治りにくく跡が残りやすい

学生時代には、ニキビに悩まされることはありませんでしたが、社会人になってからストレスからなのか、所謂大人ニキビに悩まされるようになりました。

 

学生時代は実家暮らしだったためか、比較的バランスの取れた食事をしていましたが、一人暮らしを始めてからは、もっぱら外食ばかりなのも、大人にきびができる理由かもしれません。ビタミンBやCが効くと聞いたので、一応サプリメントなどで補っているつもりではあるのですが、やはり食事が基本なのかなと痛感しています。

 

特に大人にきびができやすいのが、顎のあたりです。一度治っても、しばらくするとポッコリ膨らんでいたりします。髭を剃るときに潰してしまうこともあるので、跡にならないか心配です。

 

それと頬にもよくできます。おでこなら髪の毛を下せば隠せるのですが、頬だと目立つので、ここにできると結構憂鬱な気分になります。